知って得するふとんの何でも

ふとんわたと原料
2015-06-17 14:11:41
ふとんわたと原料

 

わたは繊維の中で人間になくてはならないものです。

なぜなら、毎日世界中で赤ちゃんからお年寄りまで肌身につけております。

アレルギーの人にも優しく、静電気を起こさない自然の植物繊維です。

また、地球上のわた畑では、1年間に18億トンの二酸化炭素を吸って、

13億トンのきれいな酸素を生み出し、私たちの地球を汚染から守る一翼を担っています。

わたは図のように中空で、天然のよじれを持っているので、

カサがなくなると細かい部屋を作り、保温性を与えてくれます。

また、夏には熱がこもらないように汗を吸い取り、外気に発散させて涼しさを与えてくれます。

木綿わたは日本はもちろん、世界で30億の人々が使われている優れものです。

 

 木綿わた入りのおふとんは、掛ふとんも敷ふとんも重いもの、

とおもっておられるかたが多くみられますが、日本では昔毛布がなかったときは

、掛・敷ふとん共に保温力を得るために、わたを多く入れておりました。

しかし現在は、ポリエステル綿を混ぜたわたを入れて軽く作っています。

羽毛掛ふとんと比べて、同じくらいのものから羽毛ふとんより少し重いかなって感じのふとんになります。

 

ふとんわたの原料

■インド綿ゼッペル

繊維が太く、弾力かさ高性に富み、干すと回復

力がよい、敷ふとん向きで価格が一番高い

■インド綿アッサムテグリ

ゼッペル綿に次ぐ高品質綿、価格も高く敷ふと

ん向き

■インド綿チョイス

ゼッペル、アッサムに次ぐ高品質の綿で敷ふと

ん向き

■メキシコ綿

繊維が細く長いので掛ふとんに多く使われてい

ます。

■インド綿マハラジャ

契約栽培にて作られている綿で掛敷ふとんに使

えるオールマイティーな綿で、価格も高い。

■ポリエステル綿

日本製と中国製を比較すると、色は日本製の白

に対して中国製は灰色がかっている。

 

落綿は、ふとんを安く販売するため用いて

いるところが多く、専門店では使っている店

はない、と言っていいと思います。

 

 

おふとんQ&A

わたふとんの中身は何ですか?

A. 掛ふとんには、メキシコ綿と日本製のポリエステル綿を60%40%、

または50%50%に混綿したものを、

敷ふとんには、インド綿を主に混綿している綿100%のわた、

またインド綿85%に日本製の腰の強いポリエステル綿15%を混綿しているわたを使用しています。

 

アレルギーにわたふとんは安全ですか?

A. アレルギーの原因物質は、ハウスダスト・ダニがアレルゲンの主なものになっています。

わたふとんは、中身も生地もすべてが植物繊維でできていますので、

日干し・ほこりの吸取りなどを頻繁に行い、アレルゲンを取除いてお使いいただくと安全です。

 

きょくたんに安いふとんが売られているのはなぜ?

A. それは紡績工場で糸を紡いだときに機械から落ちるわたくず(落綿)を使っているからです。

繊維が短くゴミが多くてふとんわたには適さないのですが、わた切れを起こさないように

中国産の安いポリエステル綿を混ぜてカサをだし、安く販売しています。

商品は、価格に合わせて作られているのが現状です。

1